「複合型医薬品企業」としての株式会社富士薬品の取り組み

COW121000320_TP_V

配置薬でお馴染みの富士薬品は、配置薬の他に様々な事業を展開しています。その中の一つに「複合型医薬品企業」としての取り組みがあります。複合型医薬品企業というのがどういうものなのか、について紹介します。

複合型医薬品企業とは

富士薬品は、富山の置き薬から、複合型医薬品企業へと発展を遂げています。複合型医薬品企業というのは、配置薬以外にも、医療用医薬品や一般用医薬品を自社工場で製造し販売する事業、ドラッグストア事業、オンラインショップなど、医療に関する事業を幅広く展開している企業の事です。現在富士薬品が行っているのは、配置薬事業、調剤薬局併設のドラッグストア事業、医薬品製造事業、医療用医薬品研究開発事業、医療用医薬品販売事業です。
高齢化社会に伴い、医療や医薬品のニーズが高まっています。これに伴い今まで以上にデリバリーシステムが重要視されるようになりました。富士薬品ではデリバリーシステムの確立にも力を入れています。

複合型の強みを活かす富士薬品のデリバリーシステム

富士薬品のデリバリーシステムは、今まで富士薬品の営業社員が行っていた配置薬のデリバリーだけでなく、ドラッグストアで扱う医薬品や日用品、健康食品などもデリバリーするというサービスです。全国を対象にしているので、広範囲に向けたサービスとなります。これは全国に約300ヶ所ある配置薬営業所と、全国展開しているドラッグストアのネットワークを持つ富士薬品だからこそできるサービスです。現在はオンラインショップのe-富士薬品も手かげているので、さらに利便性が高まっています。富士薬品が手がけるドラッグストアはセイムスと言います。セイムスは全国展開していますが、その他にもグループ会社のドラッグストアも含まれるので、ネットワークはさらに増えます。
富士薬品ならではの複合型医薬品企業というスタイルは、これからも深刻化していく高齢化社会に欠かせない形となっていく事でしょう。


PAGE TOP